News

Studio OusiaがSamsung Ventureより資金調達を実施

2017-02-16

株式会社Studio Ousia(本社:神奈川県藤沢市、代表取締役:渡邉安弘、山田育矢、以下Studio Ousia)はSamsung Venture Investment Corporation (本社:韓国ソウル、代表取締役:SeonJong Lee)を引受先とし、1億5千万円の第3者割当増資を完了しましたことをお知らせいたします。

Studio Ousiaは2016年6月に自然言語処理における著名な国際会議、NAACL (North American Chapter of the Association for Computational Linguistics)内で開催されたQ&A形式の人工知能間のクイズコンペティションで優勝いたしました。当コンペティションで使われた技術をもとに開発した製品が質問応答システム”QA Engine”です。 Samsung Venture Investmentは、世界的規模で自然言語処理や人工知能関連主要ベンチャーの発掘・投資を積極的に行っており、Studio Ousiaの高い技術力が評価され出資にいたりました。

本調達より、Studio OusiaはQA Engineの開発及び事業展開を加速化すると共に、自然言語処理技術開発においては世界最先端のプレーヤーとして、より困難な自然言語処理の課題に挑戦してまいります。