News

国際会議ACL 2018にて研究成果を発表

2018-07-12

自然言語処理・計算言語学の分野での世界最大の国際学会の一つであるACL 2018(Annual Meeting of the Association for Computational Linguistics)にて研究成果の発表を行います。

今回の発表は、Wikipediaなどの知識ベースからテキストやエンティティ(固有名詞や専門用語等の知識ベースに存在するエントリ)の意味をベクトル表現として獲得する研究に関するものです。実験においては、獲得したベクトル表現を用いて、文の意味のモデル化や質問応答、エンティティリンキングなどの自然言語処理において重要な3つのタスクにおいて、既存手法をこえる精度を達成しました。

論文は、昨年に論文誌「Transactions of the Association for Computational Linguistics」に採択されており、既に国際コンペティションでの上位システムに応用される1など、実応用が進んでいます。

採択論文: Learning Distributed Representations of Texts and Entities from Knowledge Base


  1. Mendes et al., 2017. SUMMA at TAC Knowledge Base Population Task 2017. In Proc. Text Analysis Conference