News

「AI王 クイズ日本一決定戦」のベースラインの一つにStudio Ousiaのシステムが採用

2022-09-12

「AI王 クイズ日本一決定戦」のベースラインシステム(*)の一つにStudio OusiaのChief Scientist 山田が発表したBinary Passage Retriever (BPR)の手法が採用されています。

(*) ベースラインシステムとは、開発の参考や性能比較の基準として提供されているシステムです。

「AI王クイズ日本一決定戦」は、日本語の質問応答研究を促進することを目的としたプロジェクトで、クイズ問題を題材とした質問応答データセットを用いて、人工知能でクイズを解くシステムを開発するコンペティションです。

第二回のAI王に引き続き[Yamada+, ACL 2021] Ikuya Yamada, Akari Asai, Hannaneh Hajishirzi. Efficient Passage Retrieval with Hashing for Open-domain Question Answering. In ACL, pp.979–986, 2021. がベースラインとして採用されました。

BPRのシステムは、2020年に発表されたDPR [Karpukhin+, EMNLP 2020] を拡張し、文書ベクトルのハッシュ化を行うことでベクトルのサイズを削減するとともに、検索時の負荷を削減できるモデルです。

AI王についてはこちらのサイトをご覧ください。

https://sites.google.com/view/project-aio/competition3