News

自然言語処理のトップ国際会議ACLに論文が採択される

2022-03-08

2022年5月22〜27日に開催される自然言語処理に関するトップ国際会議 Annual Meeting of the Association for Computational Linguistics (ACL)に弊社インターン・李凌寒、チーフサイエンティスト・山田育矢らが執筆した論文が採択されました。

mLUKE: The Power of Entity Representations in Multilingual Pretrained Language Models

Ryokan Ri (Studio Ousia/The University of Tokyo), Ikuya Yamada, Yoshimasa Tsuruoka (The University of Tokyo) ACL 2022.